本文へ移動

ビル管理

24時間・365日。私たちが安全と設備の快適運営をお手伝いします。

設備管理とは、設備の日常の運転・定期点検・補修などを行い、機能維持を行うことです。
各種設備のコンピュータ化など、高度化・複雑化するビルの機能にたいして、十分に訓練された社員が高い技術力で対応します。また省エネルギーに視点をおきながら、きめの細かいメンテナンスを進めます。
お客様の立場で設備に関わる様々な問題に対し、その解決策をご提案いたします。
設備の状態(振動異常・音や温度など)を常に確認し設備の不具合を早期に発見してトラブル発生前に処置・対策を行います。
私たちは24時間、365日、オフィスの快適さを見守っています。
●ボイラー・冷凍機・変電室・受変電設備およびその付帯設備の保守管理
●冷暖房および空調設備の保守管理
●給排水設備およびガス設備の保守管理
●その他

主な点検項目

消防設備保守点検
消防法第17条3の3に基づき、年に2回点検(機器・総合点検)を行い、設備機能が安全に作動するように管理致します。
防火設備定期検査
火災事故が発生した時に、被害の拡大を防ぐ為の設備を点検し管理致します。
エレベーター設備点検
建築基準法等の関係法令によって定期検査が義務付けられています。年1回の定期検査・月1回の自主点検等を行います。
自動扉定期点検
連日の稼働による摩耗や劣化など、緩やかな性能低下は避けられません。性能は変化しますので、定期的な点検・整備が必要です。
その他にも点検項目はございます。詳しくは当社までお問い合わせください。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0968-27-1700
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る